新井麻希が結婚した旦那は韓国人?遅刻がヒドいと話題!

どうもー
小さいおじさんです。

元TBSアナウンサーの新井麻希さん、
今年の8月に一般男性との結婚を発表されました。

お相手はどんな方なんでしょうか?
また遅刻がヒドいと噂があるようなんで、
詳しく調べてみました!

関連記事はコチラ
⇒「脊山麻理子の元夫は商社マン?離婚理由と彼氏を調べてみた!

スポンサーリンク


新井麻希さんのプロフィール。

t02200293_0480064012092278837

 

名前:新井麻希
生年月日:1982年5月8日
出身地:神奈川県
血液型:O型
星座:牡牛座
事務所:オーケープロダクション

 

中学・高校とニューヨークで暮らしていた帰国子女の新井さん、
過去に受けたTOEICのテストはなんと950点だったそうです。

 

しかし日本語、特に漢字の読みが苦手というまさかの弱点。
以前番組内で「原色」を「はらいろ」、「大正琴」を「たいしょうきん」
と読み間違える等、アナウンサーとしてちょっと恥ずかしいエピソードも・・・
これは視聴者から問題視する声もあがっていたそうです><

 

イントネーションが変というくらいならまだ聞き流せますが、
TVで思いっきり読み間違いされたらちょっと驚きますよね 笑

 

学生時代はサッカーに明け暮れるスポーツ少女だったそうで、
2005年にTBSに入社した当時はスポーツ番組を希望していたそうです。
初めはいくつかのスポーツ番組を担当していたそうですが、
自身の遅刻癖が災いし、降板。
その後バラエティ番組等スポーツ以外の番組を積極的に担当するように!
しかし2010年10月31日、上司から部署異動の指示が出されたのを機に

『ずっとアナウンサーでいたい』

という思いから退職を決意します。

これに対して世間からは

●不細工
●日本語が下手
●遅刻癖がある

という点からもフリーでやっていけるのかという心配の声が多いそうです。
本人のブログを見る限りはしっかりと働かれているようで一安心 笑
現在はご結婚され仕事+主婦業もあるわけですが、
土曜日の午前中は掃除の日と決め計画性を持って頑張っているようですよ♪

 

旦那は韓国人?

今年の8月29日自身のブログにて結婚した事を発表した新井さん、
4年前に共通の友人を通して知り合いお付き合いされていたそうです。

スポンサーリンク


 

結婚に対してブログでは以下のようにコメント

 

この先にある、まだ見えない光景や出会っていない山が楽しみであり、2人で力を合わせて、色んなことの答えを出していきたいと思っています。

 

かなり穏やかな性格の方のようですが、
ネット上で調べると韓国人というワードが出てきます!

 

韓国の男性と言えばサプライズがお上手><
私本気で韓国人の恋人をゲットしようと頑張っていた時期があるので、
なんだか羨ましいですが・・・・実際はどうなのでしょう!?

調べて見たところ・・・
完全にガセネタでした 笑

 

一体どこからそんな噂が広まったんでしょう?!
まあ別に国籍なんて関係ないんですけどね・V・

 

ぜひ幸せな結婚生活を送ってほしいですね♪

 

遅刻がヒドい?

 

15950265

 

さてさて、新井さんの事を調べていると

仕事がテキトー
遅刻魔

とマイナスなイメージの印象が多く見られました。

遅刻魔遅刻魔とありますが、
どれくらい遅刻した事があるのか気になったので調べてみました!

 

度々遅刻をしているのかと思ったんですが、
どうやら入社2年目の夏、
バスケットボール世界選手権の取材の際、遅刻を繰り返したようです。
まあ遅刻はもちろんだめなんですが、
別に常に遅刻の常習犯って訳ではないんですね。

 

この時の出来事で完全に遅刻魔という印象がついてしまっただけのよう・・・
人の印象って一度悪くすると中々挽回できないものですよね><

 

特にアナウンサーという職業柄、
世間の目はなおさら厳しいのかもしれませんね。

 

結婚を機に仕事に力を入れていくそうなので、
遅刻魔というイメージを払拭すべく、これからさらに頑張ってほしいですね!

 

まとめ

人の事とやかく言ってますが、
私も早起きは苦手です 笑

 

基本友人との待ち合わせにはやたら早く着いてしまうんですが、
気心知れた親友や彼の間でに「遅刻魔」として有名です><

 

早く起きるのって本当に難しい・・・
誰か早起きのコツ知ってたら教えて下さいませー!!笑
ではまたー・V・

スポンサーリンク


スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

コメントを残す

このページの先頭へ