リュシウォンの離婚理由は?嫁や子供について調べてみた!

どうもー
小さいおじさんです。

 

韓国俳優のリュ・シウォンさんの離婚調停が泥沼化しているようですね。
というか結婚してたの知らなかった 笑

 

「美しき日々」で見た頃が懐かしい><
今日は気になる離婚理由、
お嫁さんやお子さんについて調べてみました。

スポンサーリンク


リュ・シウォンのプロフィール

リュ・シウォン

名前:リュ・シウォン
生年月日:1972年10月6日
出身地:韓国(ソウル)
血液型:O型
身長:180センチ
事務所:アービング

優しい笑顔が素敵なシウォンさん、
俳優や歌手としてだけでなく、1997年からはレーシングドライバーとしても活躍しています。

 

正直私はタイプではなかったんですが、
母が大好きだったんですよね。

 

シウォンさんは16世紀の朝鮮王朝で領議政を務めた柳成龍十四世孫なんだとか・・・
領議政とか難しくてよく分かりませんでしたが、今の国務総理的な人らしいです。
つまりかなり高貴な血筋って事かな?

 

奥さんと結婚したのは2010年10月、
翌年1月27日に第一子である女の子が誕生しています。

 

知人の紹介で出会ったお2人は1年程の交際で結婚♡
結婚式の時に既に妊娠5ヶ月に入っていた事からも、
デキ婚だったと思われます。



人気のある韓国俳優さんの突然の結婚となると、
ファンの方のショックも大きそうなもんですが、
元々シウォンさんは結婚願望が強く、

「40歳までには結婚したい。結婚したら家族を第一に考え、今までできなかった平凡な生活を実現したいと思います」

と事前に宣言していたそうですよ。

 

夢の結婚生活が始まってわずか数年での破綻・・・
一体2人に何があったのでしょうか?

 

嫁についてと離婚理由をチェック

 

気になるお相手について調べてみたんですが、
どうやら元女優さんのようです。

 

お名前はチョ・スインさん、
女優として活躍していた時代の芸名は「兆昔」。

 

韓国ドラマ「ファン・ジニ」では、
主人公の同期役を演じていたようですね。

 

芸能活動はシウォンさんとの結婚前に引退されたそうですが、
元女優さんというだけあってかなり綺麗な方ですね〜><

スポンサーリンク


リュ・シウォン 嫁

当初は一般人としてあまり情報を公開していなかったそうですが、
離婚訴訟を行う中で素性がバレてきてしまっているようです。

 

さて気になる”離婚”に関してですが、

 

結婚からわずか1年半後の3月22日、
妻がソウルの家庭裁判所に離婚調停を申し込んでいます。
離婚理由はシウォンさんの”浮気と暴力”。

 

これが事実なら奥さんが気の毒に思えますが、
実は全て離婚を有利に進めるための奥さんの狂言であると噂されているようです。
一部では高額な慰謝料目当てに最初から結婚をしたのでは・・・
とも言われているようですが、何が真実なんでしょうね><

 

お子さんについて

 

gps img_5

2人の間に産まれた女の子「ヒョンソ」ちゃん、
今年で数えで4歳になるようで、お顔は小さい頃のシウォンさんにそっくりなんだそう♡

 

娘の為にも離婚はしたくなかったようですが、
奥さんはヒョンソちゃんを連れて実家に帰ってしまったそうで、
シウォンさんにとって辛い日々が続いているようです。

「とても愛しく会いたい。私の娘。いつもパパは君のことだけを考えていることを忘れないで」

「たとえ一緒にできなくても…ウチの娘よ誕生日本当におめでとう。パパがお前をどれほど愛しているか分かるだろう。パパを忘れちゃだめだよ。一瞬でもお前を忘れたことはない。誕生日、本当に本当におめでとう。次の誕生日は必ず一緒にするから。愛している娘よ。とてもうれしい日…とても悲しいパパ」

今年始めの娘の誕生日にシウォンさんがフェイスブックにUPしたメッセージですが、
読んでいて胸が痛いですよね。

 

現在は養育権について争っているようですが、
ヒョンソちゃんにとっては世界で1人のパパとママですから、
娘の為にもベストな選択をして欲しいです。

まとめ

韓流ブームが去ってからあまり韓国俳優さんを気にかけていませんでしたが、
ヨン様といい、シウォンさんといい、なんだかあまり芳しくないですね。

 

私は小さい頃に母と父が離婚していて、
片親の寂しさをよく分かっているので、
できればシウォンさんに離婚してほしくないですね。

 

では本日はこの辺で、
また何かあれば追記しますね♪

スポンサーリンク


スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

コメントを残す

このページの先頭へ