小保方晴子の現在(2015年)について!自宅マンションの住所は住吉?

どうもー
小さいおじさんです。

 

皆さんは覚えていますでしょうか、
おぼちゃんを・・・。

 

初めてその名前を聞いた時は、
努力の人と称えられたものの。

 

不正の事実が発覚すると、
手のひらを返すようにバッシングの嵐。

 

メディアの叩き具合たるや、
凄まじいですよね。

 

現在の彼女の様子がなんとなく気になっていたのですが、
どうも”動けなくなってる”そうです。

 

うっ動けない!?

 

これは気になるという事で、
最近のおぼちゃんの様子を探ってみました。

スポンサーリンク


おぼちゃんの最近の様子は?

おぼちゃん

ムーミンがデザインされた研究室、
かっぽうぎ姿で研究に挑む女性。

 

理研を退職したおぼちゃんこと小保方晴子さんですが、
最新情報によると心身へのダメージで動けない状況にあるそうです。

 

なんでも3月末にNHKが放送した小保方さんに関する内容が、
事実とあまりに違い、偏見に満ちた内容でショックだったんですって。

 

それ以外にも公表しないはずの情報を、
理研が公表しちゃった事もショックだったんですって。

 

メディアやネットで個人攻撃をされ、
心身ともにやられているんですって。

 

以下おぼちゃんの代理人を務める、
三木秀夫弁護士が取材に対して明かした内容。

「昨年末以来、メディアや理研からの度を超した個人攻撃に耐えかねて、小保方さんの心身は極めて不調です。個人への攻撃が集中的にあったこともあり、精神的に大きなダメージを受けて、動けない状態です」

まあね、
仕方ないですよね。

 

事実は多少飛躍されているかもしれませんが、
その元を作ったのは小保方さん自身。

 

自分が世間に与えたダメージを考えれば、
そりゃあ小さく収まるはずがありません。

 

以下ネットでの反応。

スポンサーリンク


●ダメージって所詮は全て身から出たサビですよね。
表には出てこず弁護士を使って反論だけは一人前。ホントいいご身分です。

●ダメージを受けた原因は自分にあると思いますが。
それでも自分は悪くないというのですか。

●理研と世間に与えたダメージの方がかなり大きいぞ!

●最近加害者が被害者面するの流行ってるね~

1つ1つ弁護士を使って否定していったとしても、
それが+に働く事はないんだと思います。

 

一番早く問題が片付くとするならば、
なぜこうなったのか正直に話すのが一番!

 

最初から嘘であったなら研究費や給与など、
賠償すべきものをきっちり返し、誠意を込めて謝ればいいんだと思います。

 

まあそれで許されるかどうかは置いといて、
非を認めないからこそ、色々憶測をよんだりするんですよね。

 

もし本当にSTAP細胞を実現させたいという想いがあるならば、
一日でも早く行動を起こすべきだと私は思います。

 

研究結果を出せるのは、
日本だけではないんですから♪

 

ちなみに私は、
小保方さんが詐欺を働いたとは思っていません。

 

まあ理研で実証はできませんでしたが、
きっと存在すると信じています。

 

必死に研究を重ねていた事実はある訳だし、
その時間がまるまるお金の為だったなんて思えない><

小保方さんはもう無理だとしても、
これまでの研究を無駄にしない為に、
一日も早く実現に向け活動してほしいです。

自宅マンションの住所は住吉?

はい。
話題がぐぐぃと変わりますが、
おぼちゃんの自宅が気になります。

 

以前は理研から電車で20分ほどの場所にある、
神戸市の三宮駅近くにあるマンションに住んでいたそうですが。

 

現在住んでいる場所の最寄りは、
 JR神戸線住吉駅であるとの情報が出ています。

 

ガセネタである可能性もありますが、
住吉駅といえ兵庫県ですからね、なぜそこにいるのかという疑問がでます。

 

まあ千葉県松戸市にいた小保方さんの家族も姿を消したようですし、
もしかしたら家族で移り住んだっていう可能性もあるのかな?

 

容易に外に出る事ができない娘を思って、
顔がわれてない家族が生活をサポートしているのかもですね。

まとめ

以上小保方晴子さんの現在と、
自宅マンションについてでした。

 

メディアに取り上げられる事だけが真実ではないと思うから、
私はとりあえず、万能細胞が一刻も早く実現する事を願っております。

 

STAP細胞のうんぬんは置いといて、
身体はどうか大切にして下さいね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

コメントを残す

このページの先頭へ