アップルウオッチの店頭発売日はいつから?機能も気になる!

どうもー
小さいおじさんです。

 

アップルから発売される、
腕時計型端末『アップルウォッチ(Applewatch)』。

 

発売直後の混雑やトラブルを避ける為、
発売当初はインターネットを通じた注文のみを受け付ける事が発表されました。

 

日本では10日午後4時1分からネットで予約を受け付け、
24日以降に順次発送されるとのことです。

 
品薄状態をできるだけ解消する狙いがあるとみられていますが、
店頭販売はいつから開始されるのか、機能も含めその辺を探ってみたいと思います!

スポンサーリンク


店頭発売日はいつから?

アップルウオッチ

かっこいいかと言われれば、
正直「?」なこの商品。

 

創業者のスティーブ・ジョブズ亡き後、
初めての戦略商品となるアップルウォッチ。

 

既にソニーやサムスンが同様の商品を発売済みの為、
真新しさに欠けるのが気になります。

 

デザイン性や機能性で私達を魅了してきたアップルの製品としては、
”物足りない”というのが私の正直な感想。
外観も個人的にイマイチです

 

販売直後はアップル信者等に売れると思いますが、
世間一般に流行るかどうか・・・

 

私も気にしている1人ではありますが、
とりあえずは使った人の感想を待とうかなーと思います。

 

ってことで店頭発売がスタートする時期、
コレが重要ですよね。

 

現在アップルからそこら辺に関する情報は一切出ていませんが、
私の予想としては4月末くらいには開始されるのでは?と思います。

 

というのも今回店頭販売を避けたのは、
新製品発売前おきまりの、長蛇の列を避けるため。

スクリーンショット 2015-04-10 2.37.16

転売業者のあいだで争いが発生するなど、
企業側にとって喜ばしくない事実を回避する事が目的です。

スポンサーリンク


 

つまりそれが落ち着けばいいだけなので、
4月末くらいには店頭にも置かれだすのでは・・・と予想致しました♪

 

これはあくまで予想なので、
また情報が入り次第店頭販売の時期は追記したいと思います。

 

ちなみに当初アップルウオッチが置かれる予定だった店舗は、
ソフトバンク銀座及びソフトバング表参道ですから、
店頭発売が開始する場合はここに最初に納品されるかもしれませんね。

機能が気になる

アップルウォッチ

今回発売されるアップルウオッチは、
iPhoneの付属品という位置づけで使うようです。

 

iPhoneとの連携でメールの送受信や電話の着信などが可能であり、
心拍数センサーや加速度センサーなどを搭載し、
利用者の運動量管理に役立てることができます。

 

また将来的には血糖値の測定ができるようにもなるそうなので、
普段から運動を行っている人には嬉しい商品かもしれませんね♪

 

充電池の持続時間は一般的な使用で18時間。

 

バッテリー残量が低下すると時刻のみ表示され、
省エネモードに切り替わります。

 

この省エネモードに入った状態は3日間程維持できるようですが、
スマート機能が無効になるというのは正直イタい気も・・・

 

ただ驚きなのは、
そのバリエーションの豊富さ☆

 

ケース6種類×バンド16種類で96パターン、
バンド別売りがないAppleWatchEditionの専用バンドが2種類あるので、
それも合わせれば全98パターンもある事に!!

 

ここら辺はさすがアップルって感じですよね。

 

種類が多くて選ぶのに困りそうですが、
バッテリーの持ちを気にするなら42mmモデルが一番良いそうですよ。

まとめ

以上アップルウオッチについてでした。

 

もしインターネット予約でいち早く手に入れた方がいましたら、
ぜひ使い心地を教えて下さいね。

 

個人的に気になるのは、
やはり心拍数センサーや加速度センサーなどを搭載されている点かな。

 

ただ走るだけよりも、
ある程度管理できた方が楽しいですよね。

 

とりあえず本日はこの辺で、
また店頭発売日等分かり次第、追記させて頂きます。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

コメントを残す

このページの先頭へ