松木智恵子(ピロカルピン)の年齢は?経歴やプロフィールもチェック!

どうもー
小さいおじさんです。

 

本日は私が最近気になっているバンド、
ピロカルピンについて。

 

ピロカルピンと聞くと点眼薬を思い浮かべますが、
ノンノンノン♡

 

ロックバンドでございます・V・
作詞作曲は全てボーカル兼ギターの松木知恵子さんが担当。

 

ネットサーフィンをしていて見付けたんですが、
歌声がとにかく素敵。

 

今日はバンドの事はもちろん、
ボーカルの松木さんについて探りたいと思います☆

スポンサーリンク


ピロカルピンをご紹介

ピロカルピン

結成したのは2009年。

 

ボーカルの松木知恵子さんによって、
下北沢で結成されました。

 

おシャンティーな雰囲気のバンドだなーとは思いましたが、
結成場所が下北沢・・・

 

超おシャンティー♡

 

やっぱりバンドといえば、
下北ですよね。
*個人的な考えです 笑

 

ちょっと風変わりなバンド名の由来は、
おなじみ点眼薬の”ピロカルピン”。

 

響きが気に入りバンド名として採用したそうですが、
後々ピロカルピンが緑内障治療薬として使われている事が判明。

 

後付けで

”私達の音楽を通し、見えなくなった視界を取り戻してほしい”

という意味もプラスしたそうです。

 

ちなみに私がピロカルピンさんを知ったのはこの曲。

『箱庭の世界』という曲なんですが、
澄んだ声がとても素敵ですよね♪

松木知恵子の年齢は?

松木知恵子

スポンサーリンク


ピロカルピンについて調べていると、
松木知恵子さんの年齢を調べる方が多いよう。

 

そこで早速調べてみたんですが・・・、
なんと”東京都出身である”という情報しかありませんでした><スミマセン

 

ただ松木さんは過去に会社に就職した経験があるから、
恐らく20代後半から30代前半くらいかなーと思われます!!

 

一度会社に就職したものの、
会社で自己実現欲求を満たす事ができなかったそうです。

 

かといって音楽で食べていけるとも思えず・・・
最初は仕事と並行してバンド活動をしていたんですって♪

曲をご紹介☆

オリジナリティ溢れるピロカルピンの楽曲。

 

先ほど一曲紹介しましたが、
他にも色々素敵なものがあるのでご紹介致しましょう。

 

いや、させて下さい!!笑

 

まずはこちらから。

『虹の彼方』

2010年頃の曲なので、
わりと初期のものかな?

 

当時から高い技術力と、
安定した歌声が好評だったようです。

『飛行少女』

 

先ほどと同じく2010年に出された曲。

 

この曲でピロカルピンを知った人も多く、
”スピッツ”の草野マサムネさんもピロカルピンを絶賛したそうです。

『青い月』

 

こちらは2011年。

 

やはり松木さんの歌声が最高!
透明感のある声と歌詞がよくマッチしてますよね。

 

以上!!
いかがでしたか?

まとめ

「このバンドいい!!」と思えたのは久しぶりで、
めちゃめちゃ興奮しました。

 

一番最初に『SEKAI NO OWARI』を見付けた時くらいの興奮度??笑

 

どうしてもっと売れていないのかが謎です。
(あっ・・・メンバーが入れ替わっているからか??)

 

いつかはMステとかに出てもおかしくないレベルだと思うんで、
今後もぜひ解散せず活動を頑張ってほしいです><

スポンサーリンク


スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

コメントを残す

このページの先頭へ