富士飛行社(富士急)の待ち時間や混雑は?感想や仕組みについて!

どうもー
小さいおじさんです!

先日ユニバーサルにハリーポッターのがオープンしましたが、
私の出身地山梨県の有名施設、
富士急ハイランドにも新しいアトラクションがオープンしました!!

 

富士飛行社(ふじひこうしゃ)

 

四季折々の美しい富士山を間近で楽しめると既に話題のようですよ!!

 

今日は待ち時間や混雑状況、
感想や仕組みについて調べたいと思います☆

 

スポンサーリンク


 

富士飛行社の待ち時間や混雑は??

 

富士飛行社

 

おじさん
「イケメン君、富士急に新しいアトラクションが
7月18日からオープンしたみたいだよ☆

 

イケメン
「ハリーポッターに気をとられてたから知らなかったよ!!

どんなアトラクションなの??

 

おじさん
五感で四季折々の富士山を感じる事ができるアトラクションだよ。

昨年の6月に世界遺産に登録された事を記念して、
もっと身近に富士山を感じてもらえるよう、
富士急ならではの楽しみ方で導入したみたい♪」

 

イケメン
海外の方なんかは、天候によって富士山を見れない事もあるだろうし
そういう場合にもいつでも富士山を体感できる施設があるのはいいかもねー
しかも四季で楽しめるなんて最高だな!」

 

おじさん
座席を包み込むような半球体構図となった直径20mの巨大スクリーンと、
飛行訓練にも使われる精密なう動きをする座席が富士山周辺のフライト映像と連動、
スケール感あふれる大迫力の富士山飛行映像を楽しめるんだって!

 

イケメン
「富士山上空の飛行なんて、
できることないだろうし、
普段見ている富士山とまた違った表情が見れそうだね♪」

 

おじさん
「しかもね、今回のアトラクションは視覚で楽しむだけでなく
様々な仕掛けにより富士山麓を吹き抜ける爽やかな風、
森林や花の香りまで楽しめるんだって!!

 

イケメン
「なるほどねー、
でも富士急ってただでさえ混むし、
今回のアトラクションもかなり混雑するんじゃない??

スポンサーリンク


 

おじさん
7月18日のオープン日は最長90分待ちくらいだったみたいだよ♪
まあ平日だったしねー
混雑していない時間なら30分くらいでも入れたみたい!!

1度の定員が40人だし、他のアトラクションに比べて回転が速いのかな?
ただ夏休み中などは1時間とか2時間待ちが予想されているよ♪

 

イケメン
4歳の子から楽しめるらしいから、
親子連れにも人気がでるかもねー
冬の富士山の火口上空の映像は、撮影するのに1年もかかったみたいだよ。

 

おじさん
「夏休み中はただでさえ混んでいるから避けたいなー

やっぱり行くなら10月くらいかな??

 

イケメン
「そうだね!!
ただ、夏休み中はあの戦慄迷宮もかなりパワーアップしているみたいだから、
並ぶ覚悟がある人は行くといいかもね♪」

 

感想や仕組みについて

 

おじさん
「もう行った人は感想とかアップしているかな??」

 

イケメン
「それは俺が調べてみたよ!
まだオープンしたばかりだからあんまり書き込んでいる人いなかったけど、

やっぱり実際に空を飛んでいるみたいで臨場感がすごいらしいよ☆
そして水の冷たさや、森林の香り花畑の香りなど
映像だけでなくて香りを楽しめるからよりリアルを感じられるみたいだね。

 

おじさん
仕組みとしては、冷たさを感じさせる為に座席の上から霧を実際に噴射。
香りは座席近くのボックスから、
それぞれのシーンに合わせて香りを出しているみたいだね。

仕組みももちろんだけど、今回は音楽にもこだわりがあるんだって♪
担当は富士山が大好きな久石譲氏!
壮大な映像に、このアトラクションの為だけに書き下ろした曲がマッチして
格別な旅を楽しめるみたい☆」

 

イケメン
「なんだか行きたくなってきた!!

FUJIYAMAやドドンパでどきどきした後に、
富士飛行社でリラックスするっていうのもいいかもね♪

 

まとめ

 

富士急には昔からちょこちょこ行ってますが、
何回行っても飽きません!

以前はジェットコースターとか絶対無理だったのに、
慣れてくるとさらなる興奮を求めてしまうから不思議ですよね 笑

今回のアトラクションは絶叫というよりは、
リラックスできる感じなのかな??

私がもし4歳だったら、
きっと本当に自分が飛んでいると錯覚するのかもしれないなー

そう思うと、自分に子供ができたらぜひ連れて行きたいです☆

スポンサーリンク


スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

コメントを残す

このページの先頭へ